【蕨市】あのキャラが、あのお店で働くの!? 蕨市内の20事業者による「さよなら私のクラマー」キャラクタードラフト会議が行われました!

蕨市を舞台にしたアニメ「さよなら私のクラマー」

さよなら私のクラマー

さよなら私のクラマー

蕨市を舞台にした人気アニメ「さよなら私のクラマー」。

蕨市がこの作品により「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2022年版)」に選出されたことは、以前こちらの記事でも既報の通りです。

【蕨市】祝!!「さよなら私のクラマー」の舞台として、蕨市が「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に選出!!

bugindori

作中にも数多く登場する「ぶぎん通り商店会」

原作やアニメで、主人公たちが通う「蕨青南高校」のモデルは「埼玉県立蕨高等学校」。

恩田希の中学時代を描いた「映画 さよなら私のクラマー First Touch」にも登場する「藤第一中学校」のモデルは「蕨市立第一中学校」。

蕨市が舞台だけあって、作中では、いたるところに蕨市周辺の見慣れた景色が描かれています。

蕨の見慣れた景色を探すところから「さよなら私のクラマー」を読み始め、気がつけばハマってしまったファンも続出中だとか。

sayonara-cramer

蕨警察署ともコラボ

蕨市では、これまでも「さよなら私のクラマー」に関する様々なグッズを展開してきています。

そして2022年8月、また新たな企画が始まるようです。

一体、どのような企画なのでしょうか?

ドラフト会議開催! あのキャラが、あのお店で働くの!?

sayonara-cramer

ドラフト会議の番組収録に臨む「蕨市にぎわいまちづくり連合会」田中雅子さん

「さよなら私のクラマー」についての新たな企画とは、「さよなら私のクラマー」に登場しているキャラクターが、蕨市内の事業者に所属して働く(という設定)というものです。

まずは、名乗りを上げた20の事業者が、お店で働いてもらいたい希望のキャラクターを指名します。

指名したキャラクターが競合した場合、厳正な抽選により、キャラクターの就職先(?)が決まります。

厳密には異なりますが、プロ野球のドラフト会議のような形式です。

去る2022年7月11日、「ケーブルテレビ ウインク」にてその抽選会の様子が収録され、明日2022年8月2日(火)~8日(月)までの7日間、7時~、13時30分~、17時15分~、22時15分~の1日4回放送されます。

また、2022年8月5日(金)以降は、YouTubeチャンネル「蕨ケーブル ウインクチャンネル」でも配信されます。

どの事業者が、どのキャラクターを指名したのか!?

そして、どのキャラクターが、どのお店で働くことになったのか!?

気になる方は、放送や配信をご覧ください。

20の事業者で、オリジナルのキャラクター名刺が手に入る!

sayonara-cramer

恩田希 役・島袋美由利さんのサイン

今回の企画は、単純にキャラクターと事業者をマッチングするだけの企画ではありません。

オリジナルショップカードが、新たなグッズとして作成されます。

例えば、恩田希の就職先が「〇〇商店」だった場合、「〇〇商店」のショップカードには、恩田希が登場します。

そしてその表面には、恩田希が「〇〇商店」で務める役職入りのオリジナル名刺が印刷されています。

もちろん、このキャラクター名刺兼ショップカードは、「〇〇商店」に行かないと手に入りません。

そして注目すべきは、キャラクターたちのお店での役職です。

思わずクスッとしてしまうような役職に就くキャラクターもいるそうです!

sayonara-cramer

2022年3月開催「巡礼者おもてなしセミナー」(画像提供:蕨市にぎわいまちづくり連合会)

当企画は、2022年3月に開催された「巡礼者おもてなしセミナー」参加者の意見を、「蕨市にぎわいまちづくり連合会」がカタチにしたものです。

蕨市が「アニメの聖地」に認定されたことを受けて開催された「巡礼者おもてなしセミナー」には、雪が降る中、20名以上の参加者が集まりました。

sayonara-cramer

「さよクラ応援団」団長の佐藤さん

「巡礼者おもてなしセミナー」にも参加した「さよクラ応援団」団長・佐藤久成さん(以下、佐藤さん)も、今回の企画について次のように話します。

「キャラクター名刺の事例としては、茨城県大洗町が有名ですよね。蕨市では、より細かい設定で、聖地巡礼に訪れたファンをおもてなしします。キャラクター名刺を収集しながら、ぜひ、蕨のお店巡りを楽しんでもらいたいですね。」

佐藤さんが代表を務める「ブラスト工房」も、もちろん今回のドラフト会議に参加しています。

2022年8月5日(金) キャラクター名刺の配布開始!

sayonara-cramer

女子サッカー応援宣言

蕨市の20事業者にて、キャラクター名刺兼ショップカードの配布が始まるのは2022年8月5日(金)からになります。

「蕨市にぎわいまちづくり連合会」の田中さんによると、当企画に参加している事業者や、その事業者で働くキャラクターについては、「蕨市にぎわいまちづくり連合会」公式Instagramで順次発表される予定です。

一覧やマップも作成中です。

また、キャラクター名刺兼ショップカードの配布が始まる2022年8月5日(金)は、「第70回 わらび機まつり」の開催初日です。

「第70回 わらび機まつり」会場では、「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2023年版)」に向けた投票用紙記入スペースも設けられるそうです。

宿場町や機織りのまちとしては歴史のある蕨市ですが、「アニメの聖地」としての蕨市の歴史はまだ始まったばかり!

あなたも「さよなら私のクラマー」を、女子サッカーを、そして蕨市を盛り上げる為、キャラクター名刺兼ショップカードをコンプリートしてみてはいかがでしょうか?

【号外NET 戸田市・蕨市】では、この20の事業者とそこで働くキャラクターについても追いかける予定です!

蕨市はこちら↓

2022/08/01 08:05 2022/08/01 08:05
なんちゃん

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ戸田市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集