【蕨市】町中華で食おうぜ! 看板のない「鴻園」は、知る人ぞ知る町中華の名店です!

知る人ぞ知る町中華の名店「鴻園」

koen

鴻園

赤い屋根に、「中華料理」と書かれた赤い暖簾。

一見するとどこにでもある町中華ですが、よく観るとこのお店、店名が書かれた暖簾がないのです。

「店名はわからないけど、あそこの中華屋さんが美味しいらしいよ!」

戸田市・蕨市に長く住んでいると、「鴻園」のそういった口コミを耳にした経験も一度や二度ではありません。

蕨市錦町1丁目、「富士見公園通り」に面した場所にある「鴻園」は、この場所で30年以上営業している町中華の名店です。

カウンター席×8、4人掛けテーブル×3

koen

カウンターの上にはメニュー札

「鴻園」の店内は、カウンター席×8、4人掛けテーブル席×3の計20席。

カウンターの上に貼られたメニュー札と裸電球が、お店の雰囲気を表しています。

カウンター奥の厨房では、一人でお店を切り盛りする大将が、手際よく丁寧な作業で鍋をふるいます。

koen

テーブル席側の壁にもメニュー札

テーブル席側の壁のもメニュー札が貼られています。

この雰囲気、まさに町中華って感じですね。

ランチで迷ったら「日替りランチ」がオススメ!

koen

「日替りランチ」は、メイン、ご飯、味噌汁、漬物が付きます

ランチタイムはオープンと同時に席が埋まっていく「鴻園」。

「何を食べようかな?」と迷ったら、「日替りランチ」をオススメします。

逆にいうと、「日替りランチ」以外が食べたい場合は注意が必要!

お店に入った際、大将から

「いらっしゃい! ランチ?」

と声をかけられ、

「はい」

と返事をしたらもう「日替りランチ」の注文が完了です。

「日替りランチ」以外を希望の方は、その時点ではっきりと伝えましょう。

しかし、通常価格と比べても圧倒的にお得な「日替りランチ」。

大将曰く、ランチタイムに訪れる方のほとんどが「日替りランチ」を注文するそうです。

koen

ピーマンの赤や緑が美しい

この日の「日替りランチ」は、「豚肉キャベツのみそ炒め」。

豚肉をキャベツやピーマンとともに、甘辛く濃厚なみそで炒めた一皿です。

赤と緑の2色のピーマンが色鮮やかに彩られ、甘辛みその香ばしい香りが食欲をそそります。

koen

ご飯との相性抜群! お酒にも合いそうです。

実際に食べてみると、想像通り、ご飯との相性抜群です。

柔らかい豚肉、シャキシャキのキャベツ、ピーマンの甘味が、甘辛みそで一体化し、暑い時期でもご飯がすすみます。

「鴻園」のランチタイムは11時30分~14時。

ディナータイムは18時~21時です。

美味しい町中華の料理はお酒にもよく合いますね。

お客さんの状況によっては、ディナータイムは20時30分で閉まってしまうこともあるそうです。

絶品の中華料理を肴にお酒を楽しみたい方は、早い時間帯での訪問をオススメします。

元宝塚歌劇団雪組トップ娘役も愛した味

koen

店内には真彩希帆さんのサインも

「鴻園」の店内には、「鴻園のおじちゃんへ」と書かれた真彩希帆さんのサイン入りポスターが飾られています。

真彩希帆さんといえば、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役で、蕨市出身としてもお馴染みです。

「小さい頃から、よく食べに来てくれてたんだよ」

大将は笑顔でそう話してくれました。

「日替りメニュー」は、入口横のホワイトボードをチェック!

koen

日替りランチのメニューは入り口の横!

「鴻園」の店内に、「日替りメニュー」の記載はありません。

「日替りメニュー」はお店の外、入口横のホワイトボードにて掲示されています。

初めてお店に伺う方は、入店前のチェックをお忘れなく!

「鴻園」はこちら↓

2022/07/24 08:05 2022/07/24 08:05
なんちゃん

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ戸田市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集